大人ニキビ

ニキビは思春期の子どもがなるものだというイメージが強いかもしれませんが、実は大人でもコンディションによってはニキビに悩むことがあります。もちろん10代のころの肌とは変わってきているため、大人がなるニキビは自然になるものというよりも何らかの原因がある場合が多いです。

 

大人ニキビに悩むのは、20代から30代と比較的広い年代です。さらに、20代から30代になってからできるニキビは、思春期の頃のものとは違って、再発しやすいということも特徴のひとつです。治ったと思えば再発して、治る前に傷がついたりつぶしたりしてしまうことで、結果的に痕がのこったり、シミになってしまったりすることもあります。

大人ニキビはあごの線に沿ったあたりや、口まわりに出来やすいと言います。大人になると若いころよりも肌の代謝が悪くなっているため、痕にもなりやすいです。なかなか防ぎづらいものではありますが、大人になってから正しいケアをすることで、肌の状態を改善することはできます。

 

対策のために、まずは大人ニキビについて正しい理解を得ることからスタートしなければなりません。原因を取り除いて肌の状態を整えないと、再び毛穴がつまって、簡単に再発してしまいます。つまった毛穴の奥に炎症を起こすアクネ桿菌が残ることで何度も発症してしまうのです。あごの裏側に出来た場合は、衣服のすれなどで炎症が出来てしまうので、一度できるとなかなか治らないと言われています。当サイトではニキビの原因について正しい理解を深めるための情報をご紹介します。